• 様々な本、様々な資格の話が盛りだくさん(の予定)

【ビジネス会計検定準1級】【ビジネス会計検定1級】受験録

ビジネス会計検定1級の試験を2017年に受験して1級には落ちたものの準1級認定され、2019年に受験して1級に合格しました。

勉強期間

2017年は2週間
2019年は3週間

勉強手段

通勤+自宅にて独学

試験用に買った本

使ったテキスト

ビジネス会計検定試験公式テキスト1級〔2016-17年版〕
https://www.amazon.co.jp/dp/4502196215/

使った問題集

ビジネス会計検定試験公式過去問題集1級〔第2版〕
https://www.amazon.co.jp/dp/4502197211/

勉強方法

試験は2級まではマークシートのみですが、1級はマークシートと論述の問題がそれぞれあります。

2017年

テキストのボリュームが結構あり、勘定科目ごとの意味や計上基準など、会計学に関することがかなり細かく載っていました。
簿記1級や公認会計士の勉強をしていてある程度学んでいたので、復習や変更点のブラッシュアップができました。
問題集をやってみて、過去問も含めて意外と簡単に思えたので気軽に受けました。

・・・論述試験でかなり苦戦し、最後の数年間の財務諸表を見て粉飾の兆候について述べる問題はまるまる分からず、試験時間が終了。

結果、200点満点中140点以上で合格のところ、120点台でした。
不合格でも120点以上は準1級に認定されるそうで、賞状が送られてきました。

2019年

2018年はビジネス会計検定1級の試験日に別の試験があり、2019年に2年越しのリベンジへ。

テキストを再度しっかり読み込み、問題集もしっかりやり通し、テキストの中で理解が曖昧になっている箇所をしっかり勉強し直しました。

そこそこ緊張しながら試験へ。
マークシートは問題なく、論述も理解できない問題はなく、なかなかの手応え。
結果、割と余裕な点数で合格できました。
リベンジ完了!
結構嬉しかったです(^^)

所感

ビジネス会計検定1級のレベルは、ちょうど簿記1級と簿記2級の違いくらい、2級から離れているように思います。
他の試験で会計学の勉強をしていなければ、2級の10倍くらいは勉強時間をとらないと太刀打ちできないかもしれません(^^;