• 様々な本、様々な資格の話が盛りだくさん(の予定)

【簿記2級】受験録

2004年の6月に2級簿記試験を受けて落ち、2005年の2月に再挑戦して合格しました。

勉強期間

 一年目は全く何も知らない状態から二週間
 二年目は三日

勉強手段

 ファミレスにて独学

試験用に買った本

使ったテキスト

  ・10日で合格る!日商簿記3級最速マスター(東京リーガルマインド)
   https://www.amazon.co.jp/dp/4844998633/
  ・日商簿記2級最速マスター商業簿記―20日で合格る!(東京リーガルマインド)
   https://www.amazon.co.jp/dp/484499865X/
  ・20日で合格(うか)る!日商簿記2級最速マスター 工業簿記(東京リーガルマインド)
   https://www.amazon.co.jp/dp/4844998617/

使った問題集

  ・日商簿記2級テーマ別重要問題セレクト50 商業簿記(東京リーガルマインド)
   https://www.amazon.co.jp/dp/4844998668/
  ・日商簿記2級テーマ別重要問題セレクト50 工業簿記(東京リーガルマインド)
   https://www.amazon.co.jp/dp/4844998625/
  ・日商簿記検定模擬試験問題集 2級商業簿記・工業簿記(一橋出版)
   https://www.amazon.co.jp/dp/4834810755/

勉強方法

 一年目は2級のテキストを最初に買い、何が書いてあるかさっぱり分からず、「3級の知識を持っている人が対象」と書いてあったので3級のテキストも買いました。割とサクサク読めて、同じ会社の問題集を買ってそれもサクサク解け、『もしかして楽勝なのでは?』とか考えてました。
・・・が、試験前日に一橋出版の問題集をやってみてびっくり。
何回やっても4割未満しか解けませんでした(T-T)
もちろん試験本番も余裕でアウト_| ̄|○

その翌年は前年に勉強した知識が残っていたので2級のテキストを一周読み通して、後は一橋出版の問題集をやり続け、何とか合格。合計試算表の借方と貸方が一致しなかったりしてたので結構ギリギリだったと思います(;^o^A)

・・・使ったテキストも、使った問題集も、どれももう市販はされていませんが、最後の一橋出版の問題集以外は本屋で売っているテキスト・問題集の中で一番簡単そうなヤツを選びました(^^)
源さんという大工のキャラクターが一貫して登場していて、簿記と言えば源さん、というくらいに10年以上 記憶に留まっています(笑)

とにかくテキストを一巡して簡単な問題集を一通り解いて、後は本試験の過去問とか同レベルの問題を解きまくれば何とかなる(何とかなった)という事例として、ご参考までにm(__)m