• 様々な本、様々な資格の話が盛りだくさん(の予定)

ゼミナール マーケティング入門「第1章 市場をつくり出す企業活動」

【ゼミナール マーケティング入門】
石井 淳蔵 (著), 嶋口 充輝 (著), 余田 拓郎 (著), 栗木 契 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/453213272X/

第1章<市場をつくり出す企業活動>

○マーケティング

顧客との関係の創造と維持を企業活動を通じて実現(P.31)

○2つの一貫性

内的一貫性と外的一貫性(P.37)

・内的一貫性:マーケティング・ミックス相互の一貫性

・外的一貫性:3C+取引+マクロ環境とマーケティングミックスの一貫性(SWOT分析等)

○マーケティング・マネジメントの作業フロー(P.45)

ステップ1 マーケティング目標の確認

ステップ2 TPC(ターゲット、ポジション、コンセプト)の設定

ステップ3 マーケティング・ミックスの策定(内的一貫性)

ステップ4 3C+取引の検討

ステップ5 実行と再点検


<演習問題>

1.事業の創造と維持におけるマーケティングの役割を整理。


 事業において必須の「顧客の関係」を始めとした利害関係者との関係をトータルで管理する枠組み

2.プッシュ戦略の採用が望ましいのは、企業がどのようなマーケティング環境に直面している場合か。


 ・新製品等の認知度の低い商品
 ・信頼関係が重要となる商品(高額商品、アフターフォローが必要な商品)

3.具体的な製品・サービスを取り上げ、マーケティング・ミックスの整合性を検討。


 ロート製薬の「T11」(高額な目薬)

 ・TPC

 ターゲット:目を大事にする人(PCの画面と向き合う等)

 ポジショニング:通常より大きなコストを払ってでも目の問題を解決したい顧客

 コンセプト:3つの主要成分を限界まで

 ・マーケティング・ミックス

 製品:コンセプトと同様

 価格:最も高額(効き目がありそう?プラシーボ効果も?)

 プロモーション:成分をアピール。薬局にコーナーを作り場所を確保

 流通チャネル:他の目薬と同様だが、安さが売りのドラッグストアにはあまり置いていない

4.同一の製品・サービスでもマーケティング目標が異なればTPCおよびマーケティング・ミックスが異なることを検討。


 ○服飾品

 ・若い人向けブランド

  マーケティング目標:ブランド認知度向上

  ターゲッティング:若くてオシャレに気を使う人

  ポジショニング:厚利少売

  コンセプト:ハイコスト・ハイセンス

  4P:良いものを高額、自ブランドのショップ、口コミ

 ・ユニクロ

  マーケティング目標:市場シェア確保

  ターゲッティング:フルライン

  ポジショニング:薄利多売

  コンセプト:低コストでそれなり

  4P:そこそこの商品を安く、自店舗を増加し、CM等で大々的に