• 様々な本、様々な資格の話が盛りだくさん(の予定)

【ソーシャルメディア・ダイナミクス】レポート

【ソーシャルメディア・ダイナミクス】
斉藤徹 (著), ループス・コミュニケーションズ (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4839937753/

○Chapter01「ソーシャルメディア・ダイナミクス」

・ソーシャルメディアはマーケティングの概念を変える(マーケティング3.0「人間中心」)(P.31~34)

・商品企画から顧客サポートまでのバリューチェーン上のどこでも顧客を巻き込める(P.15)

・AISASからSIPSへ(P.16)Attention⇒Interest⇒Search⇒Action⇒Share・・・Sympathize⇒Identify⇒Participate⇒Share

・ソーシャルメディアに共感される5つのポイント(P.17~19)

・活用事例(P.19~28)

・最新のソーシャルトレンド:リアル動画ストリーミング、フラッシュマーケティング、チェックインサービス、ソーシャルゲーム

○Chapter02「ソーシャルメディア活用、5つのポイント」

・ソーシャルメディア活用の動機について

・ソーシャルメディアの類型とその特性

・ソーシャルメディアの活用パターンについて

・統合的なクチコミ導線の設計について

・メディアミックスについて

○Chapter03「ソーシャルメディアを活用せよ!」

○Chapter04「ソーシャルメディアのつくり方」

・ソーシャルメディアの構築手法(プラットフォーム利用、自社開発、プラットフォーム連携)(メリット・デメリット:P.98)

・プラットフォーム利用:モバゲー、Twitter、YouTube、Facebook、ブログメディア、mixi、Cookpad。。。

・自社開発:コミュニティパッケージ⇒OpenPNE、XOOPS等

・プラットフォーム連携:mixiチェック、Gree Social Feedback、Facebook「いいね!」と自社サイト連携
 各プラットフォームのAPI利用、コンテンツを自社メディアに貼り付け
 連携実現方法(P.103、104)
 ソーシャルアプリ
 連携実現技術(P.107~110)

・ソーシャルメディア構築支援サービス紹介(P.110~122)

○Chapter05「ソーシャルメディアのつきあい方」

・全体(P.126)

・実態評価:モニタリング、アンケート

・対話ポリシー:運用チーム(P.131)、運用ルール

・リスクの管理:炎上対策 炎上の原因10(P.138~139)、ソーシャルメディア・ポリシー(P.142)⇒関係者(P.147)

・効果測定:評価指標各種(P.148~155)

・PDCA:評価の方向性(P.156、157)

○Chapter06「共感のデザインを賢者に学ぶ」

・事例(1~7)

・対話(8):プッシュ型だけではダメ。広めたくなる広告が必要⇒共感、ウザくないことが必要
       ⇒今までにない(新しい形)⇒プランナーが増えない

・3大国内SNS:(表面上は)棲み分けができている?
  Mixi:ソーシャルグラフ(関係閉鎖性が有利に働く)、ソーシャルネット(P.218)
  GREE:プラットフォームのオープン化(2010/6~)、スマートフォン展開、APIオープン化
  DeNA:

○Appendix「企業におけるソーシャルメディア活用状況」
(P.231~252)