• 様々な本、様々な資格の話が盛りだくさん(の予定)

【新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術】レポート

【新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術】
かざま りんぺい (著), 佐原 輝夫
https://www.amazon.co.jp/dp/439113120X/

○この本を一言で表すと?

 かなり細かく知識と技術について書いたサバイバル・マニュアルの本

○この本を読んで興味深かった点・考えたこと

・いろいろ読んだ中で、サバイバル状況にある中で採るべき行動一つひとつについて一番詳しく分かりやすく書かれているなと思いました。
文字だけでなく絵で道具や行動について説明されていたのでイメージもしやすかったです。
生きるために必要な基本的な12の活動について書かれていて、よほど極端な環境でなければ、サバイバルをするにあたり、一冊だけ選んで挑むならこの本だと思いました。

・火を起こす方法が、火口⇒焚きつけ⇒薪と付けていく方法が丁寧に説明されていて、今までバーベキューとかでもあまり意識しておらず、この区別なく行き当たりばったりでやっていたなと思いました。
サバイバルな環境でなくても役立ちそうな知識だと思いました。

・ロープワークがかなり細かく書かれていて、これについては自分でも実践して身につけたいなと思いました。