• 様々な本、様々な資格の話が盛りだくさん(の予定)

【宅地建物取引主任者(現:宅地建物取引士)】受験録

2005年に不合格、2006年に合格しました。

勉強期間

 一年目は夏に1ヶ月程度+直前1週間
 二年目は1週間程度

勉強手段

 ファミレスにて独学

試験用に買った本

 使ったテキスト

  ・わかって合格る宅建(TAC出版)
   https://www.amazon.co.jp/dp/4813282725/

 使った問題集


  ・わかって合格る宅建一問一答セレクト600(TAC出版)
   https://www.amazon.co.jp/dp/481328275X/
  ・わかって合格る宅建過去問セレクト300(TAC出版)
   ※「分野別過去問題集」で出ているようです。
   https://www.amazon.co.jp/dp/4813282741/
  ・わかって合格る宅建過去10年本試験問題集(TAC出版)
   ※今は12年分で出ているようです。
   https://www.amazon.co.jp/dp/4813282733/

勉強方法・受験プロセス

 一年目はまず夏に、テキストを一通り読んで、過去問セレクトを一通り解いて、そしてまたテキストを一読して、また過去問セレクトを一通り解きました。
 直前の一週間はテキストを一読して過去10年の本試験を一通り解き、試験直前に一問一答をある程度。
 試験前日に友人の結婚式があり、その二次会の準備などでフラフラの状態で本番。
 結局、合格点まで2,3点足らずに不合格でした(T-T)

 二年目はテキストを一通り読んで過去門セレクトを一通り解いて本番。
 前年にかなりちゃんと勉強していたせいか、合格点を大幅に上回る点数で合格しました(^o^)/

この資格の勉強で初めて民法に触れました。
法律系の資格の入口になる資格ですね。

市販のテキストや問題集が充実しているのでかなり独学で勉強しやすい試験です。

驚くのは日本で一、二を争う受験者数。
毎年20万人以上で、私が受けた試験会場も人で溢れかえってました(^^;

別に不動産業界で働こうと思っていなくても、勉強してみるのはオススメな資格だと思います。